寝屋川市が防犯カメラの予算を緊急でつけるようですが…

寝屋川市が防犯カメラの予算を緊急でつけるようですが…

交野市の基礎教育について

先日、小学校の校長経験者とお話する貴重な機会があった。様々な気づきがあったのでまとめておきたい。

交野市の小学校の再編

  • 長宝寺小学校と郡津小学校の再編は、当たり前の話。全学年1クラスの長宝寺小学校の眼と鼻の先に郡津小学校があるのは、異様。断行していいと思う。
  • 夢物語になるかもしれないが、特区のような制度を活用して、長宝寺小学校を全市から通えるモデル学校にできないか。学力向上に特化した、補習を十分に行う学校でもいいし、ひとりひとりの個性を伸ばす教育に特化した学校でもいい。
  • 旭小学校隣の給食センター跡地にあさひ幼児園を移転して、「幼保小一貫校」を作るのは、おもしろいアイデアだと思う。
image

基礎教育の重要性

  • これからの社会変化で、教育の重要性は大きく変わる。例えばスマートフォンであらゆる言語が翻訳できるようになる時代がすぐに来る。「学校を卒業して、会社に入り、定年まで勤める」生涯を送る人は圧倒的少数派になる。
  • そのような未来では、「自分の考えを伝える力」「論理的に考える力」「コミュニケーション能力」など、基本的な能力がますます重要になる。これを支えるのが基礎教育。基礎教育は自治体の責任ある仕事で、市民が自由な人生を送る上で極めて重要。

子育ての負担軽減

  • 現状でも、負担軽減はいろいろできると思う。例えば、放課後児童会の保護者会の行事を減らせば、保護者の負担はだいぶ減るのではないか。保育所も同様。働いている保護者のための施設なのだから、土日はゆっくりと子どもと過ごすのも大事ではないか。
  • 小1の壁は確かにある。交野市では、学童保育は18時30分までだから。
  • 昔は小学生は自分で帰っていて、なんの問題もなかったものだが。これも社会の変化だろう。どんどん、社会のハードルが高くなっている気がする。目に見えない不安感というか。

先生と話す中で、私が気づいたことをまとめてみました。先生の意見というわけではありませんので、ご注意ください。教育と子育ては、自治体の責任の中で最重要ではないでしょうか。

かたの市のいいトコ撮り  vol.1

re-i-ko:

そんなワケで、昨日は第1回「かたの市のいいトコ撮り」をやってきました!

魅力的なところばかりなのですが、私としては、先ずは田んぼ!!!

私は子供の頃ずっと転勤族だったんですが、なぜか家の前が「田んぼ」!という環境が多く、交野の田んぼ風景を見るととても懐かしい感じがします!

ダンナ氏のブログヘッダー用に、こんな写真撮ってきました! ↓

image

それと、ダンナ氏の写真ばかり載せても面白くないので、私目線の写真も色々載せていきます!!タグは「#れいこeyes」にします!! ( ̄∀ ̄)v”

妻が、休日を返上して写真撮影に付き合ってくれました。おかげで、ホームページのヘッダーもできました。

「交野を一言で言うと?」と聞くと、多くの人が「ほどよく田舎」とか、「都会に近い田舎」と答えてくれます。人口減少、インフラの老朽化。環境が変わる中、この環境を守っていくには、私達も変えていかなければならないことがたくさんあります。

どうか、この思いが多くの人に届きますように。