立地適正化計画とは何?

 コンパクトシティ形成支援事業として、国は立地適正化計画の策定を支援しています。立地適正化計画は、居住機能や医療・福祉・商業、公共交通等のさまざまな都市機能の誘導により、都市全域を見渡したマスタープランとして位置づけられる市町村マスタープランの高度化版です。

全国で289団体団体。大阪で14団体が策定中

 上図で、赤斜線で示したのが現在大阪府で立地適正化計画の作成について具体的な取組を行っている都市です。こちらに掲載されています。

 北摂、北河内は概ね手を付けている状況ですが、交野市のほか、近隣市では四條畷市が未着手。

 平成28年度末までに立地適正化計画の中で都市機能誘導区域を設定することで、都市再構築戦略事業による支援をうけることができ、平成30年度末までに居住誘導区域を設定することで、都市再構築戦略事業による支援をうけることができます。

箕面市が策定済

大阪府下では箕面市が他に先駆けて策定済みです(平成28年2月15日策定)概要版をご覧になると、箕面市が人口減少する中でどの地域に人口を集中させていきたいかがわかる内容になっています。中心拠点を1つ、地域生活拠点を6つ設定して、それぞれを公共交通で結ぶようです。団子と串みたいですね。

箕面市はまだ人口が増えている都市なんですが・・・。感心します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です