「消滅可能性都市」8割の自治体で人口減加速…では交野市は?

枚方の木村亮太議員のブログに刺激をうけ、交野市も調べてみました。結論として、交野市も人口減少が加速しています。

2013年推計 2018年推計 推計の差
(人口減少の加速度)
2015年 77,015 76,435* -580
2020年 75,617 74,314 -1,303
2025年 73,444 71,167 -2,277
2030年 70,721 67,392 -3,319
2035年 67,710 63,402 -4,308
2040年 64,642 59,456 -5,186
2045年 55,605

*確定値

2013年の時点では、2040年の推計人口は64,642人となっていましたが、5年後の2018年現在、2040年の推計人口は59,456人になりました。以前も書きましたが2045年には交野市の5人に2人が65歳以上、4人に1人は75歳以上になります。私も2045年は65歳です。

まちを賢くコンパクトにまとめ、質の高い生活ができる交野市を目指します。無駄遣いしている余裕はありません。公共と行政の役割分担、民間でできることは民間に。住みたいまち交野とは、住んでいる人が満足しているまち交野であるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です